人事・労務管理支援

採用、解雇、労働時間、労働基準監督署からの是正勧告対応などのアドバイスを行います。

​事業内容

​人材育成

現有社員と共に頑張れる人材を見つけることが最も重要です。
そのためには、適性検査を含め、配属を予定する部署の幹部も含めた面接を実行するなど、「仲間として迎え入れる」ための準備が重要になります。

人材育成には手間暇がかかるものですが、適切な研修など、教育の機会を与えることが必要です。

御社に合わせたオーダーメイドの研修をご提案させていただきます。
一度、ご相談ください。

給与・賞与計算

給与計算は、企業にとって従業員を雇い入れれば当然避けては通ることはできません。

利益を生み出す業務ではない処理に時間をかけすぎるのは得策ではありません。
とはいえ、間違いを繰り返せば従業員からの信頼を失ってしまうという重要な位置づけにある業務です。
また、頻繁に行われる法改正に対応していくことが必要不可欠です。
そんな煩わしくて利益を生まない業務は、その道のプロである社会保険労務士にお任せください。

就業規則作成サービス

就業規則が必要な理由

​就業における「ルールブック」。労使間の約束事を明確にし、お互いのフェアな環境で仕事ができる労使協定の整備を支援するサービスです。

・トラブルの原因「グレーゾーン」を徹底排除

・「労務リスク」の洗い出し

・御社だけの「オリジナル就業規則」のご提案

・事前相談・面談はもちろん無料

・作成後の社員説明会も対応可​

等々、就業規則作成で多数のメリットが得られます。
「就業規則をまだ作れていない」という社長は、一度、ご相談ください。

​労務トラブル

​労務トラブル例

給与に関するトラブル

給与、賞与、退職金など、金銭関係が雇う側にとっても雇われる側にとってももめる原因となる最も重要な要素です。後々もめる原因を想定して慎重に規定を作ります。特に時間外手当や営業手当、年俸制を設定するときは、正しい法律の解釈が求められますので注意が必要です。

退職時のトラブル

退職時は、入社時と同様に労務管理の肝となります。
退職後に在籍時の問題行動が発覚したり、または退職後に社内情報を漏えいしたり、また解雇の場合は、トラブルに発展することが少なくありませんのでご注意下さい。

あくまでもお願いレベルかもしれませんが、退職時に「秘密保持誓約書」も締結しておくことで、秘密保持順守の意識が高まり、秘密保持に効果的です。

解雇に関するトラブル

問題社員への解雇は、必要な手順を踏まなかった場合や、そもそも解雇が不適切な対応であった場合、その後に大きなトラブルを招いてしまいます。

様々なリスクを見積もったうえで、回避するのか、敢えて覚悟するのか、をご判断ください。
この見立てのため、相談をおすすめします。

労働時間に関するトラブル

労働時間に関するトラブルについても給与同様、もめることが多い要素です。
労働時間を従業員が納得できる管理方法を選んでください。
残業や休日出勤をする場合は、従業員からの事前の届出を義務付けるようにしてください。
会社が知らない間に労災事故やその他の問題が発生したときには使用者の管理が問われることになります。

災害・傷病に関するトラブル

労災保険や健康保険も加入していて心配がないと思っていると、使用者の管理力、責任や安全配慮義務の欠如を問われる過ちにつながりかねません。
業務外での私傷病に対する休職でも私傷病休職規程を作り、後日、休職期間及び休職満了による退職について問題が起こらないようにしましょう。

労務トラブル相談、初回無料

労務トラブルに対する相談については、初回無料で承っております。
お気軽にご相談ください。

© 2020by 工藤社会保険労務士事務所 | 工藤中小企業診断士事務所 . Proudly created