○ブランディングの必要性

訪問営業などのセリングで商品・サービスを売る時代から、

マーケティング戦略で計画的に商品・サービスを売る時代となりました。

 

ありとあらゆる商品・サービスが市場に溢れ、機能的価値での差別化が困難となり、

自社の独自性や優位性をアピールし、付加価値(情緒的価値)を加えて売り出さなければ、生き残れない昨今です。

 

当事務所では、御社の独自性や優位性を見つけ出し、

市場機会の発見からブランド戦略の策定、具体的な施策の提案、数値目標の設定、達成度のモニタリングまで、一貫した

“ブランディング=「売れ続ける仕組み」”づくり

をお手伝いします。

○ブランディングの効果

ブランド戦略は、ブランドとしての一貫性を保つため、

・消費者・顧客などの「外部」に向けたブランディング活動=エクスターナルブランディング

・社内・協力会社「内部」に向けたブランディング活動=インターナルブランディング

の両面から展開することが重要です。

ブランドイメージは一度浸透してしまうと簡単に覆すことは困難です。
御社のブランドイメージを正しく社内外に浸透させるため、マーケティング活動と一体となったブランド戦略を

一貫性を保ちながら、継続的に、そして楽しみながら実行していきましょう。

○ブランディング入門セミナーの開催

セミナーでは、

・そもそもブランドとは何か?

・選ばれる会社や商品となるために必要なことは何か?

・ブランディングのポイント

などが理解でき、ブランディングの予備知識を身に付けられるセミナーです。

セミナーの概略はこちらでも確認できます

Please reload

講師は、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の公認トレーナーである、

当事務所代表の工藤洋行が努めます。

ファンをつくるブランディング

 

社外のファン=消費者・顧客

 消費者・顧客の価値観としっかり結びついたブランドは、強くて持続可能な関係性を構築します。

 

社内のファン=社員・協力会社

 強くて好ましい、ユニークなブランドは、社員や協力会社などにポジティブな反応を引き起こします。

​ブランディング事業

© 2020by 工藤社会保険労務士事務所 | 工藤中小企業診断士事務所 . Proudly created